本日、令和3(2021)年8月18日は、PHP研究所にとって特別な日です。

研究所が創設されたのは昭和21(1946)年11月3日。

昭和25(1950)年8月以降、活動を主に月刊誌『PHP』発行のみに留めていましたが、松下幸之助が松下電器(現パナソニック)の社長を退いた後、昭和36(1961)年8月18日、京都東山山麓にある真々庵において、研究活動を再開しました。
今からちょうど60年前のことです。


新型コロナウィルスは現在も猛威をふるい、経済活動や社会生活に制限が設けられ、混迷を極めています。
しかし、コロナ禍は私たちに新しい時代をもたらしたとも考えられるのではないでしょうか。


希望を絶やさず、今一度研究が再開された日のように初心に戻り、今後とも活動に力を入れてまいりたいと思います。

関連コラム

松下幸之助のPHP活動

真々庵開所式と第1回朝食会――PHP活動〈26〉


2021.8.18