松下幸之助の原点を訪ねて

「11月23日は、松下幸之助が丁稚奉公のため、紀ノ川駅から単身大阪へ向かった日です。」


明治27年(1894)、海草郡和佐村(現:和歌山市)に生まれた幸之助は、父が事業に失敗、満9歳で小学校を中退し、明治37年(今から114年前)、和歌山市内の自宅から母とともに紀ノ川駅に向かいます。今なお語り継がれる幸之助の珠玉の「ことば」。その原点を訪ねます。

 

日時

2018年11月23日(金・祝) ※雨天決行

 

料金

無料
※但し移動に伴う交通費1,000円(貸切マイクロバス)、昼食代1,500円は各自負担となります。

 

集合

南海電鉄 南海線 和歌山市駅改札前 9:50

 

募集人員

25名
※定員になり次第締め切り

定員に達しましたので、お申し込みを締め切りました。

 

申込方法

下記お問合わせ先にお電話にてご予約ください。

 

案内人

佐藤 悌二郎(PHP研究所 専務)
 

コース

①幸之助の生誕地、墓所を訪ねる。
②幸之助の好物「ぜんざい」のふるまい。ナショナルの「菓子木型」(総本家駿河屋・本社工場)
③幸之助が和歌山大学に寄付した「松下会館」
④幸之助ゆかりの地(雄小学校など)を訪ねる。
⑤母との紀ノ川駅の別れまでを歩く。(和歌山市駅~北島橋~紀ノ川駅)(④と⑤、ウォーク約4km)
※昼食は和歌山の食材を使った「石窯ポポロ」(場所:ぶらくり丁)のランチをご案内します。

 

主催

南海電気鉄道株式会社 和歌山支社

 

協力

パナソニック株式会社・株式会社PHP研究所・国立大学法人和歌山大学

 

お問合わせ

南海電気鉄道㈱ 和歌山支社
073-433-1285(平日9:00~17:00)


詳しくは南海電気鉄道ホームページをご覧ください。

2018.11.08