11月23日は、松下幸之助が丁稚奉公のため、紀ノ川駅から単身大阪へ向かった日です。

明治27年(1894)、海草郡和佐村(現:和歌山市)に生まれた幸之助は、父が事業に失敗、満9歳で小学校を中退し、明治37年(今から114年前)、和歌山市内の自宅から母とともに紀ノ川駅に向かいます。今なお語り継がれる幸之助の珠玉の「ことば」。その原点を訪ねます。

以前にもたいへん好評いただいたイベントで、案内人を弊社客員の佐藤悌二郎が務め、幸之助の生誕地や通っていた小学校の跡地、わかやま歴史館などを訪ねます。ぜひ、ふるってご参加ください。

終了致しました.png

開催概要

開催日

11月23日(水・祝)【開催終了】

集合

和歌山市駅前 9:00集合

参加費

1,000円

案内人

佐藤悌二郎(PHP研究所客員)

行程

①幸之助の生誕地・墓所

②「紅松庵 茶室」とわかやま歴史館

③幸之助ゆかりの地(南汀丁、雄尋常小学校後など)

④母と紀ノ川の別れまでを歩く

主催

南海電気鉄道グループ 和歌山事務所、和歌山大学 紀伊半島価値共創基幹Kii-Plus

協力

パナソニックホールディングス、PHP研究所

お申込み・詳細

イベントチラシを表示のうえ、QRコードを読み取ってお申込みください

nankaieventchirashi20221123.png



関連エピソード

紀ノ川駅の別れ――人生断章〈1〉



2022.11.8公開