松下幸之助は、自らの事業成功の要因として、実家が貧しかったためお金のありがたさを知ったこと、学歴がなかったため素直に人から教えを受けたこと、病気がちだったため部下を信頼し仕事を任せてきたことを挙げています。
このようにハンディを前向きにとらえ、プラスの結果を生み出してきた考え方の根底には、幸之助が丁稚奉公時代に出会った全盲の実業家、五代五兵衛氏の影響もあると考えられます。
 
弊社の平山健太郎は、入社以来、松下幸之助が遺した音声をテキスト化する速記録作成等の業務を通じ、その考え方に身近に接してきました。そして、自身も視覚障害というハンディがあることから、幸之助の考え方を仕事や人生に生かしてきたのです。
本講座では、幸之助や五兵衛氏の経歴と併せて、平山の実体験を紹介し、ハンディをプラスに転換していく心の持ち方について語ります。
 

テーマ「ハンディはプラスに転換できる! -松下幸之助の行き方・考え方をヒントに-」

 

講師

PHP研究所 経営理念研究本部 平山健太郎
 

講師プロフィール

平山健太郎
平山健太郎(ひらやま・けんたろう)
1987年生まれ。2011年、立命館大学産業社会学部卒業後、PHP研究所入社。経営理念研究本部にて松下幸之助の速記録作成、松下幸之助.comコラム原稿作成、総務に携わる。現在、パラトライアスロン競技に挑戦中。
 

日時

2019年8月1日(木) 14時00分~16時00分 
 

参加費

1,000円【先着20名様】
 

会場

松下資料館(PHPビル3階) 所在地
 

主催

公益財団法人松下社会科学振興財団
 

申込み締切り・申込み方法

2019年7月1日(月)
FAXかeメールでお申込みください。詳しくはこちらから。
 
2019.5.28