隔月誌『衆知』に掲載中のシリーズ企画 「松下正幸の『志』対談」。祖父・松下幸之助の「志」を引き継ぐ松下正幸が、各界VIPが抱く強い志の核心に迫ります。

 

内容紹介

連載第10回の2017年11-12月号は、女優で歌手の倍賞千恵子さんにご登場いただきました。

 

国民的映画『男はつらいよ』のさくら役をはじめとして、「普通の人」を数多く演じてきた倍賞千恵子さん。一方で、歌手活動にも力を注ぎ、女優と歌手という二つのジャンルで活躍を続けている。そんな倍賞さんに、これまでの芸能生活と今後の活動について語っていただいた。

(リード文より)

 

見出しを紹介

・小学校の放送室で初めてマイクを前に歌った

・“もう一人の自分”がいると、うまくいく

・「普通の人」こそ演じるのが難しい

・渥美清さんと高倉健さん、二人の共通点と相違点

・山田監督は、すべての登場人物に命を吹き込む

・「いまここから」の言葉を嚙み締めて

 

松下幸之助が残した言葉についても、対談のなかで話題になっています。

『衆知』をお買い求めの際は、ぜひご一読ください。

 

 

 

 

こちらもおすすめ

松下幸之助に関する名言・金言はこちら。

松下幸之助の名言・金言

 

2017.11.7