日経電子版「マネー研究所〈プロのポートフォリオ〉」に、藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス社長兼最高投資責任者)による松下幸之助に関する情報が掲載されました。
 

詳細

幸之助が1967年に発表した論文「株式の大衆化で新たな繁栄を」を、話題に出されています。
 
 
今から50年前。1967年にある人が論文を発表し、次のような問題を指摘しています。要約すると、
 
「大衆個人株主が軽視される風潮がある」
「株主総会がごく短い時間で形式的に済まされる」……
 
 
記事は下記よりお読みください。
松下翁も提言 ようやく個人株主の時代が(藤野英人)
 
 

関連コラム

トピック 幸之助・ザ・ワールド
2017.11.21