川上恒雄(PHP研究所松下理念研究部長)の連載コラム「松下幸之助 思いやりの心」が『PHP』2019年5月号(4月10日発行)に掲載されました!

 

松下幸之助 思いやりの心(23)

できすぎた試作品

昭和30年代のこと、パン食の普及を背景に、トースターが人気商品で、家電各社は新製品の開発にしのぎを削っていました。
当時の主流はターンオーバー式。
トースターの側面を開けて食パンをセットし、中央の発電熱で焼く方式です。
両面を焼きたいときは、再び同様の手順を、食パンを裏返して行なう必要がありました――

 

 

……続きは本誌をご覧ください。

2019.4.10