川上恒雄(松下理念研究部長)が執筆を担当する月刊『PHP』の連載コラム「松下幸之助 思いやりの心」。本日発売2017年10月号に掲載された第4回のタイトルは「被災者への援助を最優先に」です。

 
昭和九年九月二十一日、戦前昭和最大級の室戸台風が四国から近畿にかけて猛威をふるい、約三千人の死者・行方不明者を出し、九万棟を超える家屋が損壊しました。
前年に本拠を門真に移したばかりの松下電器も、新築の本店と工場に甚大な被害を受けます。悲嘆にくれる幹部たち。しかし、幸之助はそんな幹部たちを緊急招集し、あることを訴えます。得意先が涙ながらに感謝したという、その行動とは――。
 
『PHP』誌ご購入の際は、ぜひご一読ください。
 
 
2017.9.8