川上恒雄(松下理念研究部長)が執筆を担当する月刊『PHP』のコラム。このたび「松下幸之助 心温まるいい話」というテーマで新たに連載がスタートしました。本日発売の2020年1月号に掲載された第1回のタイトルは「従業員の便所を掃除する」です。

 

内容紹介

関東大震災から四か月がたとうとしていた大正十二年十二月三十日、松下電器の工場では、年末の仕事じまいのため、朝から工員たちが大掃除に励んでいました。
昼前になって、松下幸之助が工場内を見て回ります。どこもきれいに片づけられて、掃除が行き届いており、「これなら正月も立派に迎えられる」と思いました。
 
…続きは本誌をご覧ください。 
 
 
 
2019.12.10