11月10日発売2018年12月号に掲載された第18回のタイトルは「愛用したウォーキングシューズ」です。

 

昭和58年、スポーツ用品メーカー、アシックスの創業者である鬼塚喜八郎氏が、当時89歳の松下幸之助とともに、ある全国紙の経済人賞を受賞したときのことです。
鬼塚氏が、先輩経営者である幸之助へのお土産に新発売のウォーキングシューズを持参したところ、すぐに試し履きした幸之助はこの靴をとても気に入ります。実際しばらくしてから、機能を変えずにフォーマルな場でも履ける靴をつくってほしいと、鬼塚氏に依頼するほどでした。
3年後、ある写真を見た鬼塚氏は驚きます。そこに写っていたものとは?


『PHP』誌ご購読の際は、ぜひご一読下さい。


2018.11.14