ビジネス+IT にて松下幸之助が紹介されています。

 

日本には数え切れないほどの経営者がいますが、その中でも「経営の神様」と呼ばれたのがパナソニックの創業者・松下幸之助氏です。パナソニックという企業を一代でつくり上げ、1956年には、向こう5年間で売上げを4倍にする「5カ年計画」をなんと4年で達成している松下氏。本稿では彼の生い立ちとともに、その経営哲学を紹介していきます。

 

目次を紹介

 1.丁稚奉公から将来の可能性を感じた電気事業への転職

 2.2畳あまりの工場からのスタート

 3.「水道哲学」を考案、食べるための仕事から使命を果たす仕事へ

 4.労働組合が社長を救った

 5.4年で売上4倍、商売はやればやっただけ成功する

 

つづきはこちら

 

2019.1.21

 

 

 

  1.  
  2.