隔月誌『衆知』17年11-12月号に、川上恒雄(弊PHP研究所・松下理念研究部長)が、「社員の熱意や喜びが顧客の心をつかむ――仕事のやりがいを何よりも重視した松下幸之助」というテーマで原稿を執筆しました。

 

内容

昨今、顧客満足の向上には社員満足が必要だという声がよく聞かれる。確かに、商品やサービスが人気を博している会社の社員は仕事にやりがいを感じていることが多い。松下幸之助も、社員が熱意や喜びをもって働ける会社づくりを目指した。

(リード文より)

 

見出しを紹介

「解雇せず」に歓喜の声

単なる温情ではなかった

気迫や熱意をもたらす

気分で変わる人間

 

『衆知』17年11-12月号をお買い求めの際は、ぜひお読みください。

 

 

 

 

過去の原稿執筆(論文・コラム)実績 バナー.png

2017.11.30