松下幸之助のエピソード」に「煉物技術の公開――人を見る眼〈15〉」を追加しました。

 

内容紹介

大正7、8年ごろ、ソケットやプラグ、扇風機の碍盤は煉物というものでつくられ、その製法は多くの工場で企業秘密でした。技術が外に漏れることを恐れ、身内にしか教えなかったのです。しかし松下幸之助は、それでは能率が悪いと、新しく入った者にも製法を教えることにしました。それを見たある同業者は、幸之助に忠告しますが――。

 

本文はこちら

2018.3.12