自然・宇宙

PHPの基本理念 自然・宇宙

繁栄の基

限りない繁栄と平和と幸福とを、真理は、われわれ人間に与えています。

人間が貧困や不安に悩むのは、人知にとらわれて、真理をゆがめているからであります。

お互いに素直な心になって、真理に順応することに努め、身も心も豊かな住みよい社会をつくらねばなりません。

生成発展

生成発展とは、日に新たにということであります。古きものが滅び、新しきものが生まれるということであります。

これは自然の理法であって、生あるものが死にいたるのも、生成発展の姿であります。これは万物流転の原則であり、進化の道程であります。

お互いに日に新たでなければなりません。絶えざる創意と工夫とによって、これを生成発展の道に生かしていくとき、そこに限りない繁栄、平和、幸福が生まれてまいります。

真理

真理とは、万物を存在せしめ、その存在の意義を全うさせる根本の理法であります。その働きは宇宙の法則となり、この法則にもとづいて宇宙の秩序が保たれます。

真理の働きは、無限に広く無限に深いものであります。その一面をもって真理の全面を推すことは、真理の認識をゆがめる結果になります。

人間は真理に順応し、これを活用することによって、その繁栄を生み出すことができます。お互いに素直な心で真理を探究し、それに従って生活を営まなければなりません。

大義の意義

人間の繁栄は、すべて宇宙の秩序にもとづいて与えられるものであります。この秩序に従って生きぬくことが大義であります。

秩序にはすべて中心があります。国家には主権者が、家庭には家長が、それぞれの秩序の中心であります。そしてこれらいっさいの中心を貫く枢軸として、宇宙の秩序が存在します。

およそ秩序に従うとは、それぞれの中心に従うことであって、その中心たる者は大義をわきまえ、真理に順応する行動がなければなりません。ここに繁栄の道があります。

調和の本質

万物は宇宙の秩序に従って調和を保っています。人間もまた、この秩序に順応することによって、調和の生活を生み出すことができます。

調和は決して妥協やなれあいではありません。真理に順応することであります。その天分に生きることであります。

調和は、これを単に知るだけでなく、お互いに訓練によって生活に生かさなければなりません。そこに繁栄、平和、幸福が約束されるのであります。

対立と調和

万物はすべて対立しつつ調和しています。これは自然の理法であり、万物はこの理法にもとづいて生成発展しています。

社会の発展もまた対立と調和から生まれます。これは自然の理法にもとづく社会の理法であり、これがなければ社会は沈滞し、その進歩は止まります。

思想においても学問においても、また人と人との関係においても、すべて対立しつつ調和するとき、いっさいのものの平等と独立自主が保たれます。それが民主主義の理念であります。

自然の恵み

すべてのものは、大きな自然の恵みによって生かされています。それはあたかも、子が母の慈愛のうちにはぐくまれているのと同じことであります。

子が母の愛を慕うところに喜びと成長があるように、われわれ人間が自然の恵みを感謝の心で生かしていくところに、繁栄、平和、幸福の礎があります。

この恵みの根源を求めて、これに応ずる心のあり方を究めるのが宗教であり、また人としての務めであります。宗教をもつ人ももたぬ人もこの理をわきまえて、正しい生活を打ち立てねばなりません。

松下幸之助一日一話

3月25日 権限の委譲

ニュース

新着コラム