仕事

きわめて平凡に――仕事において大切なこと〈17〉

 何か事をむずかしく考えますと、そこにいろいろ議論が出てきたり、方策が出てきたりしまして、ある場合には策に倒れるようなこともあります。みずから立てた策にみずから倒れるようなこと

仕事

世の宝――仕事において大切なこと〈16〉

 明智左馬介光春が、堀監物に城を完全に包囲され、今はこれまでと観念したとき、城内にあった数々の秘蔵の名器を城外におろし出し、「あたら灰となすに忍びぬ品々、貴公の手を経て世にお戻

仕事

人の意見を素直に聞く――仕事において大切なこと〈15〉

 新しい問題に直面して解決せんならんというときに、人の意見を聞く場合が非常に多いと思う。その場合、自分というものを頑固にもっておったら、それが入ってこないわけや。その時間は虚心

仕事

敬う心――仕事において大切なこと〈14〉

 親を大事にし、上司に敬意をはらう。先輩に礼をつくし、師匠に懸命に仕える。親や師にたいするだけではない。よき仕事をする人を心から尊敬し、一隅を照らす人にも頭を下げる。天地自然、

仕事

勤勉の徳――仕事において大切なこと〈13〉

 天災地変をまつまでもなく、粒々辛苦の巨万の富も、事あらば一朝にして失われてしまうことがしばしばある。形あるものはいつかは滅びるにしても、まことにはかない姿であるといえよう。だ

仕事

大丈夫の精神――仕事において大切なこと〈12〉

 われわれが社会に立ってやっていくときに、大事から身を引くということは許されないと思うんです。社会人として、また共同の生活者として、一人前として世に立っている以上は、大事に臨ん

仕事

出処進退――仕事において大切なこと〈11〉

 昔は、“出処進退”というものが非常に大切なものだと教えておったようであります。何が大切であるかというと“出処進退”がいちばん大

仕事

力をつくす――仕事において大切なこと〈10〉

 きょう一日、本当によく働いた、よくつとめた、そう思うときには、疲れていながらも食事もおいしくいただけるし、気分もやわらぐ。ホッとしたような、思いかえしても何となく満足したよう

仕事

金には人の労役が――仕事において大切なこと〈9〉

 金というものは、五十円なら五十円の貨幣であれば、その中にあらゆる人の労役というものが入っていると思うんです。五十円というものは、人々の苦心の働きである。その働きを表現している

仕事

観念をする――仕事において大切なこと〈8〉

 “観念をする”――こういう度胸というようなものが、インテリといわれる人にはなかなか少ないようです。頭が少しできているから計算する、打算的になるというわ

仕事

仕事に命をかける――仕事において大切なこと〈7〉

 命は原則として大切にしなくてはなりません。けれども、その上に立って、仕事に命をかける、いつ何どきでもおれは死んでもいいぞというような心意気に立つ。そうしてこそ、人を動かし、事

仕事

習うより慣れよ――仕事において大切なこと〈6〉

 世に“習うより慣れよ”という言葉がありますが、こういう場合にはこういうように商売する、ああいう場合にはああいうように商売するというように、こと細かに教