論叢 松下幸之助

論叢松下幸之助(紀要)

『論叢 松下幸之助』について

 『論叢 松下幸之助』は、松下幸之助の没後15年、生誕110年にあたる2004(平成16)年4月に創刊した紀要です(現在は休刊)。

 松下幸之助の思想・哲学、事跡、人となりなどについて、PHP研究所経営理念研究本部の研究スタッフの論考を掲載するとともに、大学関係者、研究者の方々に、さまざまな角度から研究、考察した成果をご寄稿いただきました。その中から、青野豊作氏による『松下幸之助の遺言』ほか大森弘氏の『松下幸之助 社員を夢中にさせる経営』、渡邊祐介著『ドラッカーと松下幸之助』、坂本慎一著『戦前のラジオ放送と松下幸之助』といった書籍も生まれています。

『松下幸之助の遺言』

『松下幸之助の遺言』

『松下幸之助社員を夢中にさせる経営』

『松下幸之助 社員を夢中にさせる経営』

ドラッカーと松下幸之助

『ドラッカーと松下幸之助』

『戦前のラジオ放送と松下幸之助』

『戦前のラジオ放送と松下幸之助』

『論叢 松下幸之助』バックナンバー

 バックナンバーをPDFでお読みいただくことができます。号数の下に記しているのは主な執筆者です(敬称略)。

松下幸之助一日一話

5月23日 社長は心配役

ニュース

新着コラム