松下幸之助用語

人間としての成功

 

用語解説

 社会的な地位や名誉を得た、あるいは財産を築いた。一般的には、こういう人物が成功者といわれている。「しかし、お互い人間にとっての成功とは、必ずしもそれだけではなく、また別の姿も考えられるのではないか」と松下幸之助はいう。松下幸之助のいう、もう一つの成功の姿とは、「自らに与えられた天分を完全に活かしきること」、それが人間としての正しい行き方であり、これこそが人間としての成功と呼べるものではないかという。
 すべての人間が地位を得、名誉を得るのは難しい。しかし、それぞれの天分に生きることは、考え方によっては可能である。一つの成功観に固執するところに不満や悩みが生まれる要因があるのである。