ビジネスのスピードが速いIT業界で、システムインテグレーション(SI)の独立系企業として19年間にわたり黒字経営を続けているシステムエグゼ。2016年1月に創業者の佐藤勝康さん(現・会長)から経営を引き継いで社長に就任した酒井博文さん(「松下幸之助経営塾」塾生)は、「顧客企業との直接契約や自社製品の開発に力を入れることが社員の成長となり、結果として会社の経営を安定させる」と言い切る。苛烈なIT業界で勝ち続ける理由は、武骨ながらも創業時から決してぶれることのない社員第一主義にあった。

 

社員の成長なくして会社の成長なし(1) からのつづき

 

<使命に生きる>
群雄割拠のIT業界で勝ち続けてきた理由とは――part2

得意分野を磨き、着実に成長

社員第一主義を理念に掲げる企業は少なくないが、実際に社員の成長、会社の成長につなげるのは非常に難しい。しかしながら、佐藤さん、そして後を引き継いだ酒井さんの戦略はいたって単純明快だ。その最大のポイントが、顧客と直接契約を結ぶプライム受注へのこだわりである。

 

「IT業界は大手企業が元請けとなり、その下に中堅・中小企業がつながる典型的なピラミッド構造。もちろん、大手企業が受注した開発に参画することで学べることは数多くありますが、直接契約した案件でみずからがリーダーとなって顧客と交渉しながらプロジェクトを計画、遂行していく経験は、何よりもかえがたいものです。そうやって経験を積んでいかないと、新しいビジネスを生む社員の想像力を育んでいくことはできません」

 

実は、IT業界においては、プライムになったからといって必ずしも利益率が高いわけではない。顧客企業から請け負ったサービス提供までに契約時には想定していなかったトラブルが発生すれば、莫大な費用が持ち出しとなる。下請けで社員を派遣しているほうが、よほどリスクが少ないともいえる。それでもプライムにこだわり続けるのは、仕事を通じた社員の成長に対する信念にほかならない。

 

もっとも、佐藤さんが創業したばかりの頃は、同社のような中小規模の企業が顧客から直接契約を取ってくるのは簡単ではなかったそうだ。そこで、他社との差別化を図るために、業種は損害保険・生命保険、技術はデータベースというように得意分野を磨くことにした。損害保険・生命保険については、要件定義などの上流工程から開発、保守業務に至るまで情報システムのトータルなサポートを提供できるよう、徹底的にスキルアップを図った。

 

こうした「システムエグゼにしかできない」という技術がおのずとプライムを勝ち取る力になっていく一方、顧客ニーズがあれば、小さなアプリ開発から大型のシステム開発まで品質を最重視して取り組み、着実に結果を出してきた。今では、得意分野の損害保険・生命保険、データベースのみならず、業務ソリューションでは生産管理、医療、会計、技術ソリューションではITインフラ、ビジネスインテリジェンス、モバイル、クラウドまでオールマイティに手がけている。

 

会社は社員の成長の場

システムエグゼがいかに一歩一歩着実に進んできたかは、同社の十九年間にわたる売上高推移をみれば一目瞭然だ。リーマンショックの影響が直撃した二〇〇九(平成二十一)年を除き、売上高が前年を下回ったことはない。経常利益は十九年連続の黒字だ。

 

「逆にいうと、急激に成長した時期もありません。当たり前のことを当たり前に遂行してきたからこそ、今があると考えています」

 

「会社は社員の成長の場」と位置づけるだけあって、社員への教育は徹底している。現在、システムエグゼは約五〇〇名の社員に対し、年間で五〇〇〇万円を超える教育予算を費やす。一人あたり、年間一〇万円の計算だ。組織別のキャリアプランにもとづき、社員一人ひとりのキャリアパスを設定。それに沿って細かな育成計画、目標を設定している。組織横断の勉強会、役職ごとの外部研修、自由に選択できる外部研修、書籍購入補助、新入社員向けのトレーナー制度など、その内容は多彩だ。社員教育は役員も先頭に立って引っ張っている。経営的な観点を学ぶ経営塾、プロジェクトマネージャー塾、ビジネス創造を目指すプロデュース塾、コンペに勝つことを目的としたプレゼン塾などを役員が月一回のペースで主催し、希望・選抜の社員が参加している。

 

「IT業界は大規模プロジェクトの運営に腕をふるうプロジェクトマネージャー、上流工程で経営との橋渡し役を担うコンサルタントなどに注目が集まりがちですが、システムを設計・開発するエンジニア、プログラマー、運用・保守、データベース、ITインフラのスペシャリスト、システム全体の最適な構造を設計するアーキテクトなど、多岐にわたる職種の方々が協力し合うからこそビジネスが成り立っています。そのためには、社員一人ひとりのキャリアパスに合った教育が欠かせません。様々な技術力を底上げする教育制度があるからこそ、当社が顧客企業からシステムを一括で受注できる現在の姿につながっています」

 

systemexe3.png

社員教育には特に力を入れている(写真は新入社員研修)

 

社員の成長なくして会社の成長なし(3) へつづく

 

経営セミナー 松下幸之助経営塾

 

◆『衆知』2016.7-8より

衆知2016.7-8

 

 

DATA

株式会社システムエグゼ

資本金...4億7500万円
売上高...68億2300万円(2016年度)
経常利益...4億9000万円(2016年度)
従業員数...508名(グループ会社含む568名、2017年4月現在)
主要取引先...出光興産、小松製作所、サンリオ、スカパーJSAT、東京海上日動火災保険、東芝、日本KFC、日立金属、富士重工業、マニュライフ生命保険、三井住友海上火災保険、三井不動産ほか

 


↓「松下幸之助経営塾」のfacebookがスタートしました!

松下幸之助経営塾フェイスブック