書名発行年月発行所内容
私の履歴書
―昭和の経営者群像3―
1992年9月 日本経済新聞社 1980年6月に発刊された『私の履歴書 経済人1』の普及版。
私の行き方・学び方
―経営トップ五十人が綴る人生勉強帳―
1985年5月 PHP研究所 「不正を働くものがいた」と題して、「悩みこそよりよき仕事、よりよき人生に導いてくれるお互いにとっての師なのではないか」と述べる。(50名共著)
学校教育活性化のための七つの提言 1984年8月 PHP研究所 世界を考える京都座会の代表者として、提言の基本理念の1つである「規範教育について」をテーマにまとめたもの。(4名共著)
日本の教育を考える(第二集) 1983年11月 現代教育研究協会 「英知を結集して」と題して、執筆当時の学校教育の問題点を、自身の事業体験に基づいて述べる。(8名共著)
世界を考える京都座会からの発言
―二十一世紀の理念と方策を求めて―
1983年9月 PHP研究所 「人間観の正しい認識に立って」と題して執筆。(12名共著)
私を支えた言葉
―仕事の壁・人生の転機に―
1981年1月 PHP研究所 「仕事を支えた言葉」の章で「ことごとくわが師」と題して執筆。(14名共著)
挫折で人は強くなる
―逆境こそ成長のチャンス―
1980年8月 PHP研究所 「志を失わず」と題して執筆。(14名共著)
私の履歴書 経済人1 1980年6月 日本経済新聞社 日経新聞に連載の自伝的コラム「私の履歴書」に掲載された、昭和の経営者13名を収録。
<表現力・実践編>
私の書き方・話し方
1980年4月 PHP研究所 「“錦の御旗”をもつ」と題して、今までの経験をもとに“心から訴える”ということについて述べる。(24名共著)
打たれても出る杭になれ
―自らの弱点・失敗をバネにして―
1979年9月 PHP研究所 「人間の妙味」と題して、「何よりも恐れなくてはならないのは熱意のないことである」と述べる。(13名共著)
日本の教育を考える 1976年4月 現代教育研究協会 一切の教育の場において、人間を育てる教育に力を注ぐことが、何よりも大事であると述べる。(5名共著)
明日の企業に何があるか
―異質の未来への挑戦―
1975年4月 PHP研究所 「企業は誰のものか」と題して企業の社会的責任を述べる。(5名共著)
青年諸君! 1975年3月 PHP研究所 「大事にのぞんで」と題して、きわめて困難な時代である「こんなときにこそ、知恵をしぼって世間の人に喜ばれる仕事を」と、若い人に語りかける。(5名共著)
双書「想う」第一集 1974年3月 中日新聞社 昭和48年8月から12月にかけて東京新聞、中日新聞等の夕刊に連載されたインタビュー記事をまとめたもの。(5名共著)
<日本人のための日本再発見①>
伊勢神宮
1973年10月 旭屋出版 「心のいしずえ」と題して伊勢神宮について執筆。(13名共著)
私の人生探求
<講座・人生の探求 6>
1967年7月 大和書房 「この道をひらく」と題して、その半生を語る。(6名共著)
創業大経営者の直言 1966年12月 日本実業出版社 松下幸之助をはじめ、出光佐三氏、早川徳次氏など、一代で大企業を築き上げた経営トップ15人が綴る経営論、政治・社会論、人生論。松下幸之助の執筆は『経営者会報』(昭和38年1月号・41年1月号)に掲載されたものを転載。
わが子を伸ばす本 1966年2月 松下電器産業 「人間としての優等生に」と題して、子供を育てる上で心がけるべきことを述べる。(27名共著)
道義 1965年8月 国政審議調査会 第七章の中で「使う人、使われる人の考え方」と題して執筆。(74名共著)
十人百話 6 1964年7月 毎日新聞社 「考え方十話」として毎日新聞に連載(1964年2月12日~23日)されたもの。(10名共著)
苦労人の苦労話 1955年2月 実業之日本社 「金儲けはどこにあるか」と題して半生の思い出に残る苦労話を述べる。(11名共著)
<新倫理講座第4巻>
社会と人倫
1952年8月 創文社 「特集――社会人のモラル」の中で「事業家」と題して執筆。(36名共著)