仕事

謙虚さが大事――仕事において大切なこと〈3〉

 人間というのはやはり謙虚ということが大事ですな。社員でも、謙虚に勉強する人は、まあ間違いないですもんな。 『松下幸之助発言集16』(1979)

人間観

心とともに物の豊かさを――人間とはなにか〈3〉

 人間のもつ物質的な欲望を一切たちきって、ひたすら心の豊かさのみを求めて清貧に甘んずることは、一応善だと思われますが、しかしそれはあまりにも一方に偏していて本能と調和している姿

人生

強く願えば......――いまを生きる、これからを生きる〈3〉

 まあ早い話が、ここに大きな川があったとしますね。そのときに、どうしてもむこう岸へ渡りたいという人は、泳いででも行くでしょうし、それが危険ならば丸木舟でもつくって渡ろうとする。

国家

国家経営に旗印を――これからの日本人へ〈3〉

 日本の国が、立派な日本人を育てていこう、立派な国民を育てていこうと考えても、国そのものに国家経営の理念というものが曖昧模糊としておれば、やはり国民は立派に育っていかない。みん

経営

経営学は教えられても......――真の商売、真の経営とは〈2〉

 大事を決定せなならん場合にこうしたらええということを実際に知る人が日本に何人おるかというと、まずないと思うてええやろう。どんな政治学者でも、政治学という学問は知ってるけども、

仕事

周囲のプラスになる仕事を――仕事において大切なこと〈2〉

 人間やっぱり仕事から離れることはいかんのですね。はたのじゃまをするようになってはいけませんが、はたにプラスになるようなかたちにおいて仕事をすることが、いつまでも若さを保つとい

人間観

自然知にしたがって自然を動かす――人間とはなにか〈2〉

 もともと、人間は自然の一部である。人間を含めて万物いっさいは、自然の理法といったものによってつくられたといえよう。そしてまた、その自然の理法によって、人間も万物もたえざる生成

人生

生きがいを得やすい時代――いまを生きる、これからを生きる〈2〉

 今日に生きる皆さんは非常に幸せだと思います。自分の好む仕事を求めやすい時代である。そこに生きがいを感じ喜びを感じることが非常にできやすくなったんやないかと思います。こういう時

国家

百年の計――これからの日本人へ〈2〉

 後藤新平さん(元東京市長)が、震災(関東大震災)後、東京都の計画をなさったとき、あいつはバカなことをやっている、大ぶろしきやと言われて縮小されたでしょう。あれ後藤さんの言うとおり

経営

衆知の集め方――真の商売、真の経営とは〈1〉

 経済界の不況の中にあって、着実に業績を伸ばしておられる経営者の人がある。ところが少しもそれを誇らない。「ありがたいことですが、あまりうまくいきすぎて、自分でも恐ろしい」といわ

仕事

適性に生きる――仕事において大切なこと〈1〉

 自分の適性に生きて、喜びをもってきょうの日の仕事に徹する――それが勇気のあるひとだとわたしは思うのです。一つのことでも、こんな仕事はという、とざされた考え方もあれば、こんな仕

人間観

人間の使命とは――人間とはなにか〈1〉

 人間の使命とは、考え方はいろいろあるが、端的にいえば、人間が主人公になることである。万物いっさいの主人公であるということを自覚することである。その自覚をしないところから、いろ