『松下幸之助発言集』 全45巻から厳選された普及版(全10巻)。 第10巻では、松下電器の新入社員に話したものの中から、「会社と運命を共にする心意気」ほか8編を収録。

まえがき

発刊のことば
 弊社では、平成三年四月より二年の歳月をかけて、『松下幸之助発言集』(全四十五巻)を発刊いたしました。これは、松下幸之助が生前行なった講演、講話、対談、インタビューなど、さまざまな発言を文字に再現したものですが、その中には、経営観はもとより、人間観、社会観、宇宙観など、松下幸之助のものの見方・考え方の全貌がほぼ網羅されております。発刊以来、多くの方々から、文庫版にしてさらに広範囲の人々に読んでいただくようにしては、というおすすめをいただいておりましたが、本文庫シリーズは、そのご要望にお応えして、四十五巻の中より「経営と人生」に焦点をあて、十巻に再編集したものです。
 本年は、松下幸之助が昭和二十一年にPHP研究所を創設いたしましてから、ちょうど五十年目の年に当たります。日本は、当時の悲惨な状況からめざましい経済発展を遂げてまいりましたが、今また新たに、難しい幾多の問題を抱えています。体験と思索のなかから生まれた知恵が、この激動する時代を二十一世紀に向けて生きる皆様方に、何らかの参考になれば幸いです。
  平成八年三月

PHP総合研究所

  • 目次

   
みずから修業し、みずから勉強を9
 人間の力以上の"縁"に結ばれる
 百花繚乱の美を生む
 自主的にみずから修得を
 熱意と工夫で自分自身を育てる
 厳しいお得意をもつ会社は進歩する
 受けるより多くのサービスを与える
 恩返しの社会への奉仕を
プロとして立つ責任31
 総合した成果はよかったが......
 膨脹過程の仕事に危険はつきもの
 結局は不注意である
 商品に対して敏感に
 自分の力で飯が食えるプロの自覚を
 価格は安く、品物はさらによく
 一人前になるための修業
 七〇点をめざして精進を
 上司も部下も上手に使え
 敵の知識も取り入れる
会社と運命を共にする心意気61
 松下電器の人間になりきる
 運命を共にする強さ
 給料は繁栄の糧
 世間に認められる感激
 身近な者を手本とする
 個人の力もチームワークも高めよう
 一年でも先輩は先輩
 平凡なことのほうが大事
 困難な職場ほど面白い
 勇気をもって寝込みを襲う
 諸君はいい会社に入った
適切な価値判断ができる人間に95
 武器を使わない戦争
 負けた者が勝った者に拍手を送る
 烏合の衆では競争に負ける
 皆さんの力を会社にプラスさせる
 給与だけで人間は働かない
 精神的健康人は適切に価値判断する
 人間としての勉強
 総理大臣を使う見識をもつ
 一倉庫係が支店の経営を変える
 協力経営で能率を上げる
一人一業の主人公に121
 よくよくの縁に結ばれる
 切っても切れない絆で結ばれている
 許しあう心が真の結合を生む
 スイスはなぜ繁栄し安定しているか
 奉仕と奉仕の交換
 サラリーマン気質になっていないか
 大企業の中の一人一業
 社員としての成功の第一歩
 理想、志を高くもって
感激をもってものを見よう147
 仕事に命をかける心意気
 松下電器の使命観
 相会したことは喜びの第一歩
 悩みは人間の一つの姿であるが......
 赤字経営は国家の損失
 一つの生きた姿
 感激をもってものを見よう
 百分の一弱の輸出高
 だれにも負けない熱情を
 人を生かして働いてもらう
 若さにまさる宝はない
 知育、徳育、体育のバランス
一人前の社会人、産業人への道179
 一般家庭を中心にした仕事
 昼につくった品物を晩に売りに行く
 商売のコツを会得する
 名宰相の条件は
 実地の味を知る強さ
 庶民の生活を知らなかった軍首脳部
 塩の辛さを知っていた維新の志士
 初出勤の日に両親に何を話したか
 心意気を言葉に出して
 セールスマンの勝負は言動で決まる
 計画以上に説明のしかたが大切
 無言の誠意で説得する
 謙虚に素直に訴え続ける
 実質なきものは必ずつぶれる
 "しまった"と互いに考える
 思いやりは一体感を生む
いっさいがサービスから始まる223
 自然に従って生きる
 戦線縮小のための順調な姿
 常に発展する会社の条件
 自主経営者としての自覚をもって
 販売意欲を減退させる一方通行
 事業部と販売会社を直接取引に
 みずから求めて変化する
 よりよき適性に生きる
 動揺しない心を養う
 販売店の苦労を苦労とする心を
 販売店での修業に励む
 小売屋さんの心がつかめる計画を
 まず手近なサービスから
 鞭撻はかたちを変えたサービス
 静かに一歩一歩の前進を
日に新たな成長を261
 大きな縁で結ばれて
 ささやかな電器工場から始める
 与えられた環境に没入する
 運命に素直に従って
 転業を考えたことは一度もない
 会社が希望する皆さんの成長
 社会の要求にこたえてこそ
 広がりつつある海外での仕事
 外国でも実践される松下経営
 白は白、黒は黒と見る素直な心を
 礼儀は人間関係の潤滑油
 困難は進歩する機会
 儲けることの困難さを知る
 度胸を定めて社員になりきる
索 引299