松下幸之助の著書は数多くあるため、どの本から読めばいいのかわからない、といったお問い合わせをよくいただきます。そこで、PHP社員が「これぞ!」と思う1冊(『道をひらく』を除く)をオススメするコーナーを設けました。

今回は、新社会人にオススメしたい1冊です。
本コーナーは、社員からの声を随時追加してまいります。

人材開発・組織開発に携わる人にオススメ

『商売心得帖』


事業一筋半世紀、 その豊富な体験と深い思索から説く商売のコツ、ビジネスの基本の数々。いかなる時代にも通ずる商売の初心・本質を淡々と語る。

わたしのオススメ理由

前に進むヒントを与えてくれる

読むほどに商売の深みを思い知らされる本。発意、実行、反省の繰り返しを商売の基本と説く本書には、松下幸之助自身の体験から紡ぎ出された「商道」が書かれている。何かの壁にぶつかったとき、新しい課題に取り組むとき、お客様の喜ぶ顔をもっと見たいとき、前に進むヒントを与えてくれる仕事のバイブル。(三宅 晃生)

人間関係で必要な基本姿勢を学べる

「商い」の心得が書かれている本。いわゆるハウツー本ではなく、松下幸之助が経験より培われてきた、「商売」の基本姿勢が書かれている。社外との取引においてはもちろん、社内での部門や人との間にも通ずるものを感じる。この姿勢を心に留めておくことで、一つ上の仕事ができるのではないかと思う。社内外の人と関わっていく中で必要な基本姿勢を学べるので、新入社員へオススメしたい。(井上 順平)

どんな会社に就職しても、必ず心の支えになる

「商売」というと少し古く感じるかもしれないし、内容も新入社員向けというより、経営者向けかもしれない。けれど私はあえて、新入社員にこそ読んでほしい。どんな業種のどんな規模の会社に就職しても、必ず心の支えになるエピソードに出合えると思う。(岡田 朋子)

『私の行き方 考え方』

私の行き方考え方

丁稚奉公時代から創業・伸展時代のエピソードを交え、事業経営成功の秘訣を語る。昭和二十九年に甲鳥書林、昭和三十四年に衣食住出版からも刊行している。

わたしのオススメ理由

最初に手に取っていただきたい一冊

パナソニックグループの新入社員様にも毎年ご活用いただいている書籍です。様々な困難を乗り越えてきた松下幸之助の半生がつぶさに描かれ、ひとつの物語として面白く読めます。松下幸之助について知りたい新入社員に最初に手に取っていただきたい一冊です。(横田 遥香)


※次回は2021年5月25日に更新予定です。

2021.4.25