松下幸之助の著書は数多くあるため、どの本から読めばいいのかわからない、といったお問い合わせをよくいただきます。そこで、PHP社員が「これぞ!」と思う1冊(『道をひらく』を除く)をオススメするコーナーを設けました。

今回は、疲れている人にオススメしたい1冊です。

『人生心得帖』

人生心得帖

生きがいとは、 成功とは、 運命とは。松下幸之助が、 自らの体験を通じて語る人生哲学。「心得帖」シリーズの第4弾。

わたしのオススメ理由

救われるヒントがある

どうしようもなく心が波立つ日、人生にポッカリ穴があいたように感じる時、救われるヒントがここにあります。松下幸之助の愛と励ましの数々......。何度読み直しても、「道は無限にある」と教えてくれます。「素直な心」になるために、毎日の歩みを進めるうえでのバイブルです。(根本 啓子)

『素直な心になるために』

素直な心になるために

素直な心をもってお互いが生きていくところから、よりよき共同生活が実現し、一人ひとりの幸せも高められていくと説く。

わたしのオススメ理由

「真の素直な心」の教科書

混沌とした時代、"疲れている人" "イライラした人"に贈りたい1冊。心を落ち着けて「私心に捉われず、物事をあるがままに見ようとする心」になれば本当に良い世の中になると自分自身にも言い聞かせています。「真の素直な心」になるための教科書です。(渡部 和生)

※次回は2020年8月25日に更新予定です。

2020.7.25