人生

知識の主人になる――いまを生きる、これからを生きる〈6〉

 非常にむずかしいことだけれど、知識の奴隷になったらいかんわけです。知識の主人にならなくてはいけない。知識の主人になって、知識を縦横無尽に使いこなす。ところが、いまは知識が自分

人生

金であるなら金として――いまを生きる、これからを生きる〈5〉

 われわれの質がたとえば金(きん)であるならば、金として活動しようではないかというのがわれわれの願いなのです。それを銀にしたり、銅にしたりして活動する必要はない。われわれは金で

人生

ほんとうの勇気――いまを生きる、これからを生きる〈4〉

 生まれながらにして勇気のあるという人がいるんです、ものおじせず是と思うことはつっとやる、これを勇気があるとする見方がありますが、私は、それは勇気には違いないけれど、小さい勇気

人生

強く願えば......――いまを生きる、これからを生きる〈3〉

 まあ早い話が、ここに大きな川があったとしますね。そのときに、どうしてもむこう岸へ渡りたいという人は、泳いででも行くでしょうし、それが危険ならば丸木舟でもつくって渡ろうとする。

人生

生きがいを得やすい時代――いまを生きる、これからを生きる〈2〉

 今日に生きる皆さんは非常に幸せだと思います。自分の好む仕事を求めやすい時代である。そこに生きがいを感じ喜びを感じることが非常にできやすくなったんやないかと思います。こういう時

人生

安穏か危険か――いまを生きる、これからを生きる〈1〉

 何もしなければ安穏ですけれど、何かすれば、ある程度は危険が伴いますから、まあ賭ですな。考えてみれば私も、やはりびくびくしながらやってきています。それがほんとうではないですか。