松下幸之助の著書は数多くあるため、どの本から読めばいいのかわからない、といったお問い合わせをよくいただきます。そこで、PHP社員が「これぞ!」と思う1冊(『道をひらく』を除く)をオススメするコーナーを設けました。

今回は、これからの私にオススメしたい1冊です。
本コーナーは、社員からの声を随時追加してまいります。

節目節目の振り返りにオススメ

『夢を育てる わが歩みし道』


夢を育てる

日本経済新聞に連載の自伝的コラム「私の履歴書」に解説を加え、単行本として発刊したもの。

わたしのオススメ理由

松下幸之助の半生が綴られた一冊

厳しい状況が続くと、「今さえよければ」「金さえあれば」「自分さえよければ」という考え方が顔を出します。そんな時こそ、利欲ではなく、「世の中の役に立つこと」「消費者の幸福」「人に喜んでもらえること」を考える高い視座を持つことの大切さを教えてくれる、松下幸之助の半生が綴られた1冊です。(兼田 将成)

『素直な心になるために』


素直な心になるために

素直な心をもってお互いが生きていくところから、よりよき共同生活が実現し、一人ひとりの幸せも高められていくと説く。

わたしのオススメ理由

これからの自分が躓いたときにも、思い出して読み返したい一冊

仕事に限らず、人が生きていくうえでは「素直な心」が必要になる場面がたくさんあると、歳を重ねるとともに感じます。ここでいう「素直な心」とは、ただ従順であることではなく、思い込みを捨て、とらわれないで物事の本質をみること。未来の自分が躓いたときにも、思い出して読み返したい一冊です。(善如寺 眞由香)

「とらわれているもの」を手放すきっかけをもらえる一冊

「素直な心がない場合には、物事の一面のみを見て、それにとらわれがちになってしまう」。物事がうまく進まないときは大抵、自分の考えや感情にとらわれていたなあと感じます。これからも「とらわれて」しまうかもしれませんが、「とらわれているもの」を手放すきっかけをもらえる本だと思います。(米花 貴子)

『社員心得帖』


社員心得帖

若手、 中堅、 幹部社員それぞれが自らを高めるためになすべきこと、 考えるべきことは何か。『商売心得帖』『経営心得帖』に続く 、「心得帖」シリーズ第3弾。

わたしのオススメ理由

入社歴関係なく、常に読み返したくなる一冊

入社歴関係なく、常に読み返したくなる一冊。初心に立ち返りたい時は第一章を、現在の自分が足踏みをしていると感じた時は第二章を、意欲が湧きあふれる時は更なる高みを目指し、視野を広げるためにも第三章を。どんな時でも自分の心に響くからちゃんと読み返しなさいよ、と強めに自分に伝えたいです。(髙田 紗緒里)


※次回は2023年2月25日に更新予定です。

2023.1.25