国家

外国へ行く資格――これからの日本人へ〈7〉

 「私どもの国日本はダメです。いいものは何一つありません。私ども日本人もまことに頼りない国民です。信用したらいけません」というようなことが、不用意にも口をついて出るというような

経営

人皆党あり――真の商売、真の経営とは〈6〉

 有名な聖徳太子の十七条憲法の一節に“人皆党(たむら)あり”ということばがある。つまり、人が集まれば、そこにおのずからグループとか党派が生まれてくる、そ

仕事

習うより慣れよ――仕事において大切なこと〈6〉

 世に“習うより慣れよ”という言葉がありますが、こういう場合にはこういうように商売する、ああいう場合にはああいうように商売するというように、こと細かに教

人間観

美の反面には醜がある――人間とはなにか〈6〉

 池の底というものは、やっぱり汚いものである。水がたたえられてこそ、樹々も映し月も映えるのだが、その肝心の水がなくなってしまったら、映すべき何物もなくて徒(いたずら)に醜い底を

人生

知識の主人になる――いまを生きる、これからを生きる〈6〉

 非常にむずかしいことだけれど、知識の奴隷になったらいかんわけです。知識の主人にならなくてはいけない。知識の主人になって、知識を縦横無尽に使いこなす。ところが、いまは知識が自分

国家

台風は日本の宿命――これからの日本人へ〈6〉

 何百年、何千年の昔からそうであったであろうように、これからも年々いくつかの台風が日本を襲うことはずっと続くにちがいない。それはいわば、日本人としての宿命のようなものであろう。

経営

最初の手引きを――真の商売、真の経営とは〈5〉

 どうしても手を引かなくてはならない。手を引いてそして導いていく。ある程度育ったら、今度は手を引かない。今度はぼくが先に行くから、きみついてこいよという状態である。そうすれば、

仕事

人事を尽して天命を待つ――仕事において大切なこと〈5〉

 昔のことわざに「人事を尽して天命を待つ」という言葉がある。これはまったく至言だと今でも思っている。私は今日でも自分にときどき、その言葉をいいきかせているのである。というのは、

人間観

自ら神を創造し、知恵を授かる――人間とはなにか〈5〉

 私は、人間というものがえらいものやと思うのは、自分の発想で神様というものを創造するわけですな。その創造した神さんに手を合わして拝んでいる。それで知恵を授かる。知恵を授かって自

人生

金であるなら金として――いまを生きる、これからを生きる〈5〉

 われわれの質がたとえば金(きん)であるならば、金として活動しようではないかというのがわれわれの願いなのです。それを銀にしたり、銅にしたりして活動する必要はない。われわれは金で

国家

また日本に生まれたい――これからの日本人へ〈5〉

 今度生まれてきたら、また日本に生まれたい。そして日本の国をよくするために働けたら結構やなということを感じています。ほかの国に生まれるという気は全然ありませんな。日本ほどいいと

経営

リーダーとしての「徳」――真の商売、真の経営とは〈4〉

 ぼくが徳ということでまず思い浮かべるのは、終戦直後の昭和天皇陛下とマッカーサー元帥との会見ですね。マッカーサー元帥は最初、往々にして敗戦国のリーダーがそうであるように、日本の