トピック 幸之助・ザ・ワールド

日本の景観美は世界一 なぜそれを生かさないのか――松下幸之助の自然観(1)

 自らが創設したPHP研究所が30周年を迎えた昭和51年、松下幸之助は、21世紀初頭の日本はこうあるべきだ、こうあってほしいとの願いをこめて『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』

トピック 幸之助・ザ・ワールド

松下幸之助の主な提言一覧

 日本や世界の物心両面の繁栄を願った松下幸之助は、月刊誌『PHP』をはじめとする各種雑誌や書籍などで、国家や社会に対するさまざまな大胆な構想を発表しました。その根底には、常に世

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「経営力」と松下幸之助

 経営は人間が行なうものであり、人間が幸せになるために行なう活動である――。 そう信じた経営者・松下幸之助にとって「経営力」とはどのようなものだったのでしょうか。 (2014

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「法」と松下幸之助

 日本国憲法が公布された1946年11月3日に、松下幸之助はPHP研究所を設立しました。 その後の松下にとって、憲法のみならず、「法」は常に関心事であり研究・提言の対象でした。

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「電話」 と松下幸之助〈Part2〉

「任せて任せず」。 松下幸之助のマネジメントの基本姿勢です。その実践に欠かせない、部下とのコミュニケーション・ツールとして、松下は「電話」を大いに活用しました。 (2014.

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「電話」と松下幸之助

 LINEなどメッセージアプリの参入により、熾烈な競争を繰り広げつつ、ますます進化し続ける電気通信事業――。松下幸之助が生きた時代の最新の情報伝達手段といえば、固定電話でした。

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「運」と松下幸之助

 毎年5月は、新しい環境に慣れつつも、期待と不安が交錯する毎日を過ごしている方も多いことでしょう。これからどんな運命が待ち受けているのか――。松下幸之助は運命論者ではないと言い

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「生活習慣」と松下幸之助

 桜が咲き、舞い散る季節は、昔から「春眠暁を覚えず」というように、身も心も緩みがちな時期でもあります。心を引き締め、日々の生活習慣にも一層気をつけ、仕事・学業に臨みたいところで

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「アメリカ」と松下幸之助

 これからの日米関係はどうあるべきか――。 松下幸之助が生きた時代、アメリカは日本にとって、戦勝国であり、目標であり、最重要国家でしたが、松下自身はアメリカをどう視ていたのでし

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「自衛隊」と松下幸之助

 雪害など深刻な自然災害に見舞われる各地で黙々と人命救助、物資輸送活動に従事する自衛隊。  そうした活動を見、松下幸之助はどのような行動をおこしたのでしょうか。 (2014

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「賃金」と松下幸之助

 アベノミクスによる日本経済復活のカギとなる「賃金」。 かつて「高賃金・高能率」を経営方針に掲げた松下幸之助は、どのような「賃金」観をもって経営にあたっていたのでしょうか。

トピック 幸之助・ザ・ワールド

「反省」と松下幸之助 <特別動画公開中!>

 失敗を自らの成長の糧にする。誰もが思うように、松下幸之助もそうありたいと願いました。成功すればそれは運のおかげ、失敗は自分のせいと考え、事あるごとに反省をくり返しました。さら