文句の多い職人――人を見る眼〈6〉
人材育成

文句の多い職人――人を見る眼〈6〉

 関東大震災のあった大正十二年もまもなく終わろうとしているころであった。幸之助が工場の鍛冶場に入っていくと、見なれぬ小柄な若い職人が旋盤を使っている。どこの人かと思って尋ねると

「紅白歌合戦」のマイクロホン――情を添える〈6〉
心くばり

「紅白歌合戦」のマイクロホン――情を添える〈6〉

 マイクロホンの研究開発を担当していたある社員の夢は、NHKの「紅白歌合戦」でナショナルのマイクロホンを使ってもらうことであったが、十年に及ぶ努力が実を結んで、ある年、ついに自

きみは代理店の番頭やで――共存共栄への願い〈6〉
共存共栄

きみは代理店の番頭やで――共存共栄への願い〈6〉

 東京のある代理店が倒産した。東京営業所長は、直ちに再建策をつくって奔走したが、それまで懸命に手伝いをしてきた会社の倒産であっただけに、裏切られたような気がして、代理店の社長を

モーターは無限に伸びる――繁栄への発想〈6〉
発想法

モーターは無限に伸びる――繁栄への発想〈6〉

 昭和九年十一月、松下電器は新しい事業分野である小型モーターの生産販売を開始した。  当時のモーター業界は、第一次世界大戦で急速に伸び、昭和四、五年の不況でいっそう地盤を固め

きみはどの道を歩いてきた――経営の姿勢〈6〉
経営

きみはどの道を歩いてきた――経営の姿勢〈6〉

 昭和三十三年ごろのことである。経営状況の報告のために本社に呼ばれた扇風機事業部長は、幸之助に、  「先月の決算はどうか」  ときかれ、胸を張って答えた。  「赤字です」

変えていいことと、いけないこと――仕事を見る眼〈6〉
仕事

変えていいことと、いけないこと――仕事を見る眼〈6〉

 昭和四十年代の初め、毎年発行部数を伸ばしてきたPHP研究所の月刊誌『PHP』が、百万部を超えて、その伸びがいくぶん鈍ってきたときのことである。編集がマンネリになったからではな

危機のなかの慰労会――人生断章〈6〉
人生

危機のなかの慰労会――人生断章〈6〉

 昭和二十三年秋。松下電器はGHQから七項目に及ぶ制限を受け、再建もままならず危機に瀕していた。そんななかである日、幸之助は友人の邸宅の一部を借り、在阪の幹部数十名を招いてすき

徹すれば神通力が――人を見る眼〈5〉
人材育成

徹すれば神通力が――人を見る眼〈5〉

 昭和三十五、六年のこと。当時の冷蔵庫の販売は、各メーカーが十月にその年の新製品をいっせいに発表、その展示会をディーラーが見てまわって注文するというかたちで行なわれていた。した

きみ、いちばん上手や――情を添える〈5〉
心くばり

きみ、いちばん上手や――情を添える〈5〉

 昭和三十年代の後半、PHPの研究が真々庵で行なわれていたころのことである。幸之助が長時間、原稿に目を通したり、考えごとを続けて肩がこったとき、数人の若い所員に順番で肩もみの役

北海道のメガネ屋さん――共存共栄への願い〈5〉
共存共栄

北海道のメガネ屋さん――共存共栄への願い〈5〉

 昭和三十九年秋、幸之助は、北海道のあるメガネ店の主人から一通の手紙を受け取った。そこには、ていねいな文章でこんなことが書かれていた。  「実は、先日、テレビであなたの姿

まず国内を満たしてから――繁栄への発想〈5〉
発想法

まず国内を満たしてから――繁栄への発想〈5〉

 第二次世界大戦後六年たった昭和二十六年秋、幸之助はヨーロッパを訪ね、ドイツのハンブルクのホテルで宿泊した。崩れた建物がそのままになっているなど、街には戦後の匂いがまだ相当に残

自分ばかりしゃべりはった――経営の姿勢〈5〉
経営

自分ばかりしゃべりはった――経営の姿勢〈5〉

 昭和三十六年秋、幸之助が九州のある取引先の工場を訪れたときのこと。三十分ほど工場を見学し、そのあと社長、工場長と十分間ほど歓談した。  帰りの車中で幸之助は、随行していた九